トップページご利用案内 常設展示企画展示市民ギャラリー 市民アトリエ 友の会 アクセス
 企画展示
砺波市合併15周年記念 
となみ野作家シリーズ5 柳田邦男展


砺波市合併15周年記念 となみ野作家シリーズ5 柳田邦男展

■会 期  令和元年7月20日(土)〜8月25日(日)午前10時〜午後6時
        7月29日(月)、8月5日(月)は施設点検のため休館


■観覧料  一般500円(400円)、高校生以下無料、障がい者(介助者1名を含む)無料
        ※( )内は20名以上の団体、65歳以上の割引料金

となみ野作家シリーズは、砺波地域で活動する優れた美術作家を紹介する展覧会です。第5回として南砺市在住の洋画家・柳田邦男(やなぎだ・くにお)氏の作品を展示します。

■関連催し
 アーティストトーク〈要観覧券〉
 日時:7月28日(日)午後2時より
 会場:1階企画展示室
 講師:柳田邦男(洋画家)


主  催  公益財団法人砺波市花と緑と文化の財団・砺波市美術館、北日本新聞社

共  催  富山テレビ放送

後  援  富山県洋画連盟、となみ衛星通信テレビ、エフエムとなみ、となみ芸術文化友の会

砺波市合併15周年記念 
安野光雅展 絵本とデザインの仕事


砺波市合併15周年記念 安野光雅展 絵本とデザインの仕事

■会 期  令和元年9月7日(土)〜 10月20日(日)
        午前10時〜午後6時まで 9/30(月)は施設点検のため休館します。

■観覧料  一般800円(700円)、高校生以下、障がい者(介助者1名を含む)無料
          ※()内は20名以上の団体料金、65歳以上の割引料金
      
安野光雅は、画家、絵本作家、装丁家、デザイナーなど幅広く活躍し、国際アンデルセン賞をはじめ、国内外でさまざまな賞を受賞しています。親しみやすさとノスタルジーにあふれた絵本は、今なお大人から子どもまで多くの人々を惹きつけてやみません。本展覧会では、①ふしぎな絵、②自然科学の絵本、③昔話・ものがたり、④デザイン、という4つの視点から、安野光雅の仕事を語る上では切り離せない絵本の原画はもちろんのこと、絵本そのものや挿絵や装丁した本、ポスターなども展示し、初期から現在までの安野光雅の世界の全貌を紹介します。

■関連催し
 ◇講演会
       日時:令和元年9月7日(土)午前11時から正午
       会場:市民アトリエ(入場無料)
       講師:大矢鞆音氏(津和野町立安野光雅美術館 館長)

 ◇ワークショップ「錯視ブロックワークショップ」【要申込】
       日時:令和元年9月22日(日)
           ①午前10時半〜正午/②午後1時半から午後3時
        会場:市民アトリエ
       講師:錯視ブロックプロジェクト
           (東京藝術大学芸術情報センター助教 大谷智子氏 他)
       定員:各回16名
       参加費:200円

 ◇学芸員によるギャラリートーク
       日時:令和元年10月12日(土)午後2時から
        会場:企画展示室、常設展示室2(要観覧券)


主  催  公益財団法人砺波市花と緑と文化の財団・砺波市美術館、読売新聞北陸支社

共  催  北日本放送

後  援  となみ衛星通信テレビ、エフエムとなみ、となみ芸術文化友の会

特別協力 津和野町立安野光雅美術館

制作協力 ヤマトグローバルロジスティクスジャパン株式会社

砺波市合併15周年記念 
第15回 砺波市美術展〈公募〉


砺波市合併15周年記念 第15回 砺波市美術展〈公募〉

■会 期  令和元年10月26日(土)〜11月10日(日)
        午前10時〜午後6時(最終日は午後5時まで)会期中無休

■観覧料  無料

■出品資格 砺波市在住者、在勤者、在学者(高校生以上)

■出品部門 日本画、洋画、彫刻、工芸、書、写真

■搬入受付  令和元年10月22日(火)午後4時〜6時
                  23日(水)午後3時〜5時
      
砺波市在住、在勤、在学者(高校生以上)を対象とした公募展です。優秀作品には市展大賞ほか各賞が贈られます。皆様からの出品を心よりお待ちしております。
応募の詳細については公募要項をご覧ください。→第15回市展公募要項


主  催  砺波市、砺波市教育委員会、
       公益財団法人砺波市花と緑と文化の財団・砺波市美術館、砺波市美術協会

後  援  砺波市文化協会、となみ芸術文化友の会