トップページご利用案内 常設展示企画展示市民ギャラリー 市民アトリエ 友の会 アクセス
 企画展示

創画会70周年記念展

-創立会員から現会員まで91人の日本画展-
→チラシをみる

1948年、旧態依然とした日本画壇に不満や危機感を持った東京・京都で活動する秋野不矩、上村松篁、山本丘人ら中堅の日本画家13名によって在野団体「創造美術」が結成されました。創造美術は、世界性に立脚する日本絵画の確立を目指し、創立会員と新進気鋭の画家達が自由な創造を行い戦後の日本画壇に強烈な刺激を与えました。その後、新制作派協会と合流し「新制作協会日本画部」を経て1974年に「創画会」を設立し現在へ続いています。

 創画会では、今日も創立の精神を受け継ぎ、日本画表現への自由な挑戦が繰り広げられ、毎年、秋と春の創画展において成果を発表しています。本展では、創造美術設立から70周年を記念し、創立会員、物故会員、現会員91名の熱気溢れる作品を紹介します。


観 覧 料 一般600(500)円、高校生以下無料、障がい者(介助者1名を含む)無料

  ( )内は20名以上の団体、65歳以上の割引料金

会 期:平成29715()827()

時 間:午前10時〜午後6時 施設点検のため731日(月)は休館いたします

会 場:砺波市美術館1階企画展示室、2階常設展示室23

主 催:公益財団法人砺波市花と緑と文化の財団・砺波市美術館/北日本新聞社

一般社団法人創画会

共 催:北日本放送

後 援:となみ衛星通信テレビ/エフエムとなみ/となみ芸術文化友の会

観 覧 料 一般600(500)円、高校生以下無料、障がい者(介助者1名を含む)無料

     ( )内は20名以上の団体、65歳以上の割引料金

関連催し  ◆ギャラリートーク〈要観覧券〉

        日時:715日(土)午後2時より

        会場:企画展示室、常設展示室23

        講師:上村淳之(創画会理事長)

       ◆ギャラリートーク〈要観覧券〉

        日時:729日(土)午後2時より

        会場:企画展示室、常設展示室23

        講師:杉本積(砺波市美術館学芸員)


開館20周年記念 写真家・濱谷浩



濱谷浩《田植女,白萩,富山,1955年》Courtesy Estate of Hiroshi Hamaya, Oiso, Japan


92()1015()

※会期中無休濱谷浩(1915-1999)は、戦前戦後を通じて日本の風土とそこに生きる人々を撮影しその記録性と抒情を強く感じさせる作風で注目を集めました。モノクロプリントと関連資料で濱谷浩の仕事を紹介します。

観覧料:一般600/高校生以下無料

(企画展示室)


 第13回 砺波市美術展	<市展>

昨年の展示より

1021()1112()

※会期中無休


公募要項→

砺波市在住、在勤、在学者を対象とした公募展です。
優秀作品には市展大賞ほか各賞が贈られます。

観覧無料

(企画展示室、市民ギャラリー)

第5回 市民のコレクション展


前回の展示より

←募集チラシ

11
18()1217()

※会期中無休

砺波市在住、在勤する皆様の所蔵する美術作品を展示します。

観覧無料

(企画展示室)

館蔵品展

前回の展示より

16()128()

122()は休館いたします

美術館の収蔵作品によるテーマ展示です。

観覧無料

(企画展示室)


第19回至高の精神展 横山丈樹

横山丈樹《rebirth Ⅵ》2015

2
3()34()

219()は休館いたします。

県内で旺盛な活動を展開している美術作家の個展です。第19回目として彫刻家横山丈樹(1972-)の作品を紹介します。

観覧無料

(市民ギャラリー)

14 回砺波市美術協会会員展

前回の展示より

310()48()

319()は休館いたします。

砺波市美術協会の会員展。日本画、洋画、彫刻、工芸、書、写真の6部門より紹介します。

観覧無料

(企画展示室、市民ギャラリー)

  記載事項に変更が生じる場合があります。詳しくは美術館までお問い合わせください